疾病予防と健康の基礎知識の啓蒙活動を通して、日本の健康のあり方を考える。

疾病予防と健康の基礎知識の啓蒙活動を通して、健康の質を向上

わが国は少子高齢化、労働問題、医療問題など、様々な問題を抱えています。

疾病予防の知識は、高齢の方に特化したものではありません。

0歳の子どもから、元気に今働いている人にこそ必要となる知識です。

健康に子どもが育つための知識、学校での健康を知る授業の充実、企業での

健康経営の促進など、疾病予防の知識をより身近に存在させ、日常生活に溶け

こませることが必要であり、それが、様々な問題の解説の糸口へと繋がります。

女性が安心して出産し、子どもが健康に育ち、そしてすべての人が健康で、

何歳になっても、活躍し続けることができる。

  そんな日本のあり方を支えます。

予防は0歳からスタート!

ご存知でしたか? 

平成28年度より、運動器検診が始まりました。 

座高の測定が廃止させ、新たに「四肢の状態」という

運動器の項目が追加されました。

しゃがみ込み・片足立ちなどに問題のある子どもたちが、国レベルで調べるほど増えてきているのです。 

 

 

 予防は大人に特化したことではありません。 

生まれたばかりのお子様の骨格は、大人の縮小版では

なく、まだ成長の途中です。0歳から、骨を正しく成長させ、正しい骨格をつくることが、予防のスタートです。

 

ダウンロード
協会パンフレット表紙
三つ折りパンフF 表紙.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 822.4 KB
ダウンロード
協会パンフレット中面
三折りパンフF 中面.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 893.0 KB

お知らせ

企業健康サポート
資格養成講座
予防講座

一般社団法人 日本疾病予防教育協会

 

E-mail: info@yobou-jead.org

URL:https://www.yobou-jead.org/

公益社団法人日本理学療法士協会ウェブサイトへ
産業理学療法研究会ウェブサイトへ
健康寿命をのばそう!Smart Life Project ウェブサイトへ

「知らなかった…」で病気になる方を減らしたい。
 代表理事/ 理学療法士/ 秋山恵利子 akiyama eriko

 【プロフィール】

 2006年 理学療法士 取得

 2008年 病院・ディケア・訪問看護ステーションで働きながら、市の生涯学習センターでの講師や、

     一般向けに疾病予防講習会、小学校での姿勢講座などを開催。

      企業での健康指導などを通じ、予防について医学的な視点をもつ人間が伝える必要性を強く感じる。

 2017年 日本疾病予防教育協会設立

 

  理学療法士・予防運動アドバイザー・エボリューションウォーキング®インストラクター 

  ヨガインストラクター・ピラティスインストラクター

  作業管理士・産業理学療法研究会 会員

 

  信念 「正しいことを正しく伝える」

代表理事/秋山恵利子