企業ヨガ

なぜ?ヨガ?

長時間同じ姿勢でのデスクワークをはじめ、
常に時間に追われがちな企画や営業職、
体力資本の力仕事etc…
お勤めの方から経営者の方まで立場や悩みは違えど、
身体と心に及ぼす職業病は存在しているかと思います。
そんなストレス社会と言われる現在、
働く人たちのストレスマネジメントやメンタルケアに注目が集まっています。
近年では仕事のストレスによる精神疾患(うつ病など)の増加を受け、
2015年12月に労働安全衛生法の一部改正により、職場でのストレスチェックが
義務化されました。(※従業員が50名以上の企業が対象)
これによりメンタルヘルス対策を取り入れている企業が着実に増加しています。
そして、その一環として【ヨガ】が注目され始めました。
ヨガは心とカラダのバランスを整える効果がある為、メンタルケアにも有効です。
アメリカでは、主要企業の約5%が職場でのヨガクラスを実施しているという
データが報告されています。(『産業・環境医学の専門ジャーナル(電子版)Scand』Work Environ Health,2010 Apr 6より)。
また呼吸法やメディテーションなど、ほとんど動かずとも行う技法がたくさんあるので、
はじめての方でも安心しておこなうことができ、会議室やデスクなどで、
そのまま取り組むことができるのも特徴の1つです。
社員の健康は会社の健康。
快適で充実した職場環境づくりの為に、
企業ヨガがある生活を取り入れてみてはいかがでしょう?

就労者のストレス対策として

職場ストレス対策としてヨガを取り入れたプログラムが有効とする報告について。

1回1時間、週に1回から2回のヨガを6週から24週 行なうと、
自覚ストレス、抑うつ気分などの精神的健康指標、睡眠が改善します。

またヨガは疲労の改善効果にも優れます。
週に1時間、数ヶ 月のプログラムであれば日本の企業でも十分実施可能であり、
ストレ スの多い職場では、ストレス対策としてヨガを取り入れる価値があると思われます。

 

一般社団法人 日本疾病予防教育協会

 

E-mail: info@yobou-jead.org

URL:https://www.yobou-jead.org/

公益社団法人日本理学療法士協会ウェブサイトへ
産業理学療法研究会ウェブサイトへ
健康寿命をのばそう!Smart Life Project ウェブサイトへ

「知らなかった…」で病気になる方を減らしたい。
 代表理事/ 理学療法士/ 秋山恵利子 akiyama eriko

 【プロフィール】

 2006年 理学療法士 取得

 2008年 病院・ディケア・訪問看護ステーションで働きながら、市の生涯学習センターでの講師や、

     一般向けに疾病予防講習会、小学校での姿勢講座などを開催。

      企業での健康指導などを通じ、予防について医学的な視点をもつ人間が伝える必要性を強く感じる。

 2017年 日本疾病予防教育協会設立

 

  理学療法士・予防運動アドバイザー・エボリューションウォーキング®インストラクター 

  ヨガインストラクター・ピラティスインストラクター

  作業管理士・産業理学療法研究会 会員

 

  信念 「正しいことを正しく伝える」

代表理事/秋山恵利子