病院での転倒予防講座  ~靴を変えてみよう~

看護師さん、ヘルパーさん向けに病院で、転倒予防講座を行いました。

 

転倒予防といっても難しい知識や方法ではなく、

靴を正しく履く。

合っている靴で歩く。

それだけで歩行が変わることをお伝えしました。

 

福祉用具さんにもご協力を頂き、

色々な介護靴を持ってきていただきました。

 

介護靴を、

履かせることはあっても、

履くこと、履かせてもらうことってないですよね。

 

「こんなに違うの!!!!」

きっとこの体験は見ているだけでは、得られないものだと思います。

 

患者様の日常をもっともみている看護師さん、ヘルパーさんが

少し靴の履き方や選び方を知っているだけで、

変えれることがあります。

 

歩行訓練をするときは運動靴。

病棟を歩く時はスリッパ・・・。

『病院あるある』ではないでしょうか?

 

 

 

当協会では、施設や院内での講座も行います。

特に困っていない・・・。

でも、他職種の話も聞いてみたい。

こんなご相談でも結構です。

お気軽にお問合せください。

 

 

【理学療法士が伝えたい〇〇講座】

・転倒予防~まず靴を変えてみよう~

・職場から腰痛を無くそう!

 

【ナースが伝えたい〇〇講座】

・あなたもできる看取り。

・地域で働くナースに必要なこと。

 


一般社団法人 日本疾病予防教育協会

 

E-mail: info@yobou-jead.org

URL:https://www.yobou-jead.org/

公益社団法人日本理学療法士協会ウェブサイトへ
産業理学療法研究会ウェブサイトへ
健康寿命をのばそう!Smart Life Project ウェブサイトへ

「知らなかった…」で病気になる方を減らしたい。
 代表理事/ 理学療法士/ 秋山恵利子 akiyama eriko

 【プロフィール】

 2006年 理学療法士 取得

 2008年 病院・ディケア・訪問看護ステーションで働きながら、市の生涯学習センターでの講師や、

     一般向けに疾病予防講習会、小学校での姿勢講座などを開催。

      企業での健康指導などを通じ、予防について医学的な視点をもつ人間が伝える必要性を強く感じる。

 2017年 日本疾病予防教育協会設立

 

  理学療法士・予防運動アドバイザー・エボリューションウォーキング®インストラクター 

  ヨガインストラクター・ピラティスインストラクター

  作業管理士・産業理学療法研究会 会員

 

  信念 「正しいことを正しく伝える」

代表理事/秋山恵利子