元気に歩く足づくり

歩行常識クイズ!
Q.大人も子どもも1万歩。

A.×間違い!
65歳以上の方は推奨8000歩。
普段ほとんど歩いていない方は4000歩程度から始めましょう。

そして、、、お子さんは、
最低15000歩です(東京都推奨)

でも、
コレでも少ないくらいなんです…。

30年前の子と比べて、
歩数は半減、骨折は倍増しています。

骨粗鬆症は高齢者だけの話ではなく、
子どもも運動不足によって骨粗鬆症になってしまいます。

自分の歩数だけでなく、お子さんの歩数も確認してみましょう!

「100歳まで歩ける足づくり!」
一宮大雄会病気の真横にある福祉用具や介護相談、健康体操教室など、様々な取り組みをされているライフケアステーション「すまいる」さんにて講座を行いました。
当日ICCケーブルテレビ局の撮影がありました♪
どんな風に放送されるんでしょうか??ワクワク♪

*・゜゚・*:.。..。.:*・:.。. .。.:*・゜゚・*
当協会では、
0歳からのシニアのからだ作りを推奨しています。
子どもの良い姿勢のためには、
まず親御さんが良い姿勢を、
知らなくてはいけません。

全国の小学校で、
運動器検診がスタートしています。

体についての運動健康講座を行なっています。
講座のご依頼はこちらまで

info@yobou-jead.org

☆☆☆無料体験講座☆☆☆
開催時間
10:00〜11:30

11月5日(日)ナディアパーク
11月12日 (日) 豊田
11月25日(土) ウィル愛知

 


一般社団法人 日本疾病予防教育協会

 

E-mail: info@yobou-jead.org

URL:https://www.yobou-jead.org/

公益社団法人日本理学療法士協会ウェブサイトへ
健康寿命をのばそう!Smart Life Project ウェブサイトへ
産業理学療法研究会ウェブサイトへ

「知らなかった…」で病気になる方を減らしたい。
 代表理事/ 理学療法士/ 秋山恵利子 akiyama eriko

 【プロフィール】

 2006年 理学療法士 取得 病院に勤務。

 2008年 病気の方と接する中で、病気を治す方法を医療人がより正しく伝えることの必要性を感じる。

     病院の中ではなく、一般の方に伝えるべく、小学校での姿勢・歩行講座などや企業での健康指導などを実施。

 2017年  日本疾病予防教育協会設立。日本のヘルスリテラシーの向上を目指す。

 

 

  理学療法士・作業管理士・予防運動アドバイザー・エボリューションウォーキング®インストラクター 

  ヨガインストラクター・ピラティスインストラクター

  産業理学療法研究会 会員

  予防運動療法研究会 会員 

  小牧市リハビリテーション連絡会 役員

 

  信念 「正しいことを正しく伝える」

代表理事/秋山恵利子